FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大地のおべんとうづつみ(泥染め)

秋晴れの気持ちの良い空の下、
10/17(日)にちようおやこ開催しました~!

今回は、泥染め!

泥を使って布を染めて、
おべんとうつつみを作ろう!という 楽しいプログラムです。

先生は、いつもblogを書いている私。
一柳あやのです。


今回は、
いつも通り午後からのプログラムに加えて、
午前中にカフェ+日杳(10/23まで個展をやらせていただいているのです)でも
行いました。


まず最初に、泥染めのもとになる
泥作りからスタートです。
P1030772.jpg


泥染めとは、奄美大島に伝わる伝統的な染色方法で
いったん、ティーチ木の皮を使った染料で染めた糸を
田んぼの泥に着けて染めると、独特な黒色に染まる というもの。
これはティーチ木のタンニンと泥に含まれる鉄分が反応(酸化)するからです。


田んぼの泥に似せるために、
二種類の粘土質の土(ケト土と荒木田土)を半分づつ混ぜます。
(こちらはホームセンターで手に入ります)
P1030803.jpg

水を少し加えて、耳たぶくらいの硬さになるまで 
こねこね・・・・
P1030778.jpg
感触がきもちいいねーー

よく混ざったら、
きれいな黒色に染めるために、木酢酸液を加えて 鉄分を増やします。

木酢酸液はスモークした独特の香りがします。
子供たちは、くさーい!という反応でしたが
大人には意外と好評(笑



染め用の泥ができたら、
おべんとうつつみの柄を考えます。

P1030789.jpg

子供たちは、丸 四角 三角…いろんな形・大きさの型を組み合わせて、
大人は、自分で図案を考えて型作りです。

P1030804.jpg


P1030793.jpg
形を組み合わせるだけでも、面白い柄ができそう!

P1030811.jpg
あ、恐竜!


さあ絵柄が決まったら、
ついに泥で布を染めます!

型を泥で埋めるような感じで、
ちょっとづつ染めていきます。

P1030807.jpg

P1030810.jpg

P1030813.jpg


P1030827.jpg

みんな もくもくと作業=



泥で染めができたら、
蒸して色を定着させます!

P1030817.jpg


新聞紙で布を挟んで
小さく折り、輪ゴムで止めてラップで包み
お鍋に入れて30秒数えます。


泥がパリパリになっていたら
ちゃんと蒸された証拠☆


最後にきれいに泥を洗い流して
干します。

P1030824.jpg

どれもきれいに染まっています!

P1030830.jpg P1030831.jpg P1030832.jpg P1030833.jpg P1030829.jpg

P1030828.jpg


おべんとうつつみが乾くまで、
うれしいおやつの時間。
今回は日杳さんのオリジナルクッキーです。
ザクザクしていて美味しかった!


泥で染めたお弁当つつみで、
お弁当を包んでお出かけしてね!



午後の部に続く…
スポンサーサイト

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

にちようおやこ

Author:にちようおやこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。